KROCK情報局 "ZeZeHiHi Opinion "

是々非々とは、良いことは良い、悪いことは悪いと、道理によって公正無私に正しく判断する態度をいう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開票0%で当確って何だ?

 昨日は日本中選挙で大変でしたね。テレビの選挙番組を見ていて思ったのですが、開票率0%で当確が出る。これって何だろう?
 そもそも当確っていうのは「出口調査」という言わば世論調査みたいなことのデータを統計学的にコンピュータで解析して割りだすらしいが、開票0%で当確なんて、おかしくないか?それに「出口調査」は各局が独自にやっているから、局によって差がある。それが早いほうが勝ちみたいな風潮からか、0%、つまり未開票の時点でも当確を出してしまうようだ。

 これでは立候補者に対しても、有権者、投票者に対しても、バカにした話じゃないか。開票する前に結果がわかってしまうのだから。まず当確が外れることはないのだろうけど、それなら選挙なんかやらなくても、世論調査で市長でも議員でも選べばいい。開票しなくても結果がわかるんだから、投票しなくても同じだ。むしろ世論調査の方が、組織表とかで左右されない分「公平」な判断になるとも言える。
 マスコミもいい加減にしろって、そんなことをしているから投票率も上がらないのだ。だって投票にいかなくても結果がわかるんだろう?選挙だって立候補者も投票者も見てる国民も、一喜一憂しながら、その成り行きを見るのが面白いんだ。落ちるとわかっている候補者だって、でも何票入るのか見ている、そのダービー感覚が面白い。選挙が面白くなかったら、投票しないさ。
 僕だって必ず投票には行くけど、義務感だけで行ってる。最近の選挙は面白くなんかない。誰に入れるかは、消去法で残った一人に仕方なく入れるだけだ。ほんとにつまらない。
スポンサーサイト

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kerox.blog35.fc2.com/tb.php/6-524a7a4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。